いいリフォームはいい設計から

 2014/06/05      
 未分類   

新聞にリフォーム業者の宣伝の折込チラシが入っています。
内装一括改修とか水周り一括改修など、内装仕上げ材やキッチンバスやトイレなどの改修プランが主です。
しかし本当にいいリフォームをしたければ、このようなリフォーム業者に直接依頼するのではなく、デザイン能力のある建築士やインテリアデザイナーにリフォームの設計図を描いてもらうのが賢い方法です。
テレビ朝日系列に「劇的ビフォーアフター」という番組があります。
非常に条件の悪い物件を、優秀なデザイナーが驚くほどすばらしい空間にリフォームする番組です。
あの番組ほどではなくても、現在のイメージを変えてすばらしいリフォームをするためには、優秀なデザイナーの協力が不可欠です。
もちろんそのための設計料や監理料はかかりますが、それでも頼む価値は十分にあります。
そしてどの建築士やインテリアデザイナーに頼むかが重要なポイントになります。
いいデザイナーを探すためには、リフォーム関係の雑誌などで紹介されている物件の写真を見て、気に入ったリフォーム例があればそれを設計したデザイナーに頼むのが一番です。
その人がリフォームした物件を実際に見せてもらえば、どのようなリフォームになるかほぼ想像できます。
リフォームで成功するポイントはいいデザイナーを選ぶことです。